OWLS-Studio by ”FreeStyle”

ブログ/美容/カメラ/ガジェット/web

姿勢を良くする方法は?悪い姿勢は悪影響を及ぼす!

姿勢がピンとしている女性の背中

「姿勢」が悪いと、身体全体の「バランス」が崩れ、肩こりや腰痛、太りやすくなるなどの様々な影響があります。

ここでは、

・姿勢が悪いことが原因とされる不調
・姿勢が悪くなる習慣
・姿勢を良くする方法

を紹介していきます。

姿勢が悪いことが原因とされる不調

体調が悪い女性

・腰痛
・肩こり
・頭痛
・だるい
・便秘
・スマホ首(ストレートネック)
・太りやすい(代謝低下)
・冷え症
・睡眠障害
・集中力低下
・精神的に不安定

など

姿勢が悪くなる習慣

「姿勢」が悪くなる原因は、日々の「生活習慣」にあります。

あてはまる人は、今すぐ改善しましょう!

長時間のスマホ・PC

スマホ、タブレットを使用する男女

スマートフォンやタブレット、パソコンを使用していると、どうしても背中が丸まり首が下がった状態になってしまいます。
その状態が長時間続くと、「猫背」になります。
また、「スマホ首(ストレートネック)」にもなります。

現代ではスマホ・PCは欠かせないものですが、長時間使用する際は注意が必要ですね。

足を組む

足を組む人

足を組むことによって、「骨盤」がずれ身体が歪んでしまいます。
結果的に姿勢が悪くなってしまうのです。

「腰痛」にも繋がるので今すぐやめましょう。

いつも同じ肩にバッグをかける

バッグを片方の肩にかけている女性

ほとんどの人は、バッグをかける肩が決まっているのではないでしょうか。
そんな人は、鏡で真正面から自分の姿を見てみてください。
きっと、肩の位置が左右違うはずです。

同じ肩ばかりに負担がかからないよう気をつけましょう。

姿勢を良くする方法

電球

では、どうやったら「姿勢」は良くなるのでしょうか?
姿勢を良くするための方法を紹介します。

猫と牛のポーズ

1.四つん這いになります
2.息を吐きながら、おへそを見みながら身体を丸めます。
3.息を吸いながら体を反らします。目線は前方を見るようにします。
4.1~3を繰り返します。

トルソーウォーク

1.「前にならえ」のように両腕を前に出します。そして、手の甲を内側に向けます。
2.手首をクロスさせて、手のひらを合わせます。
3.腕を上がるところまで持ち上げます。
4.右足を出した時に、上半身を右斜め後ろにひねります。
5.左足を出した時に、上半身を左斜め後ろにひねります。
6.4~5を繰り返しながら歩きます。

ストレッチポールを使用する

1.ストレッチポールを縦にして、その上に仰向けで寝ます。
2.肘と手の甲を床につけたまま、腕全体を使って、手の甲でクルクルと円を描くように動かします。(両腕10回)
3.力を抜いて深呼吸をします。

姿勢矯正ベルトを使用する

普段から着用することで、「正しい姿勢」を保つことを補助してくれます。
そうすることで、良い姿勢が習慣化します。

まとめ

「姿勢」は、私たちを形作る「基本」です。

「基本」がしっかりしていないと、すべてが崩れてしまいます。

「良い姿勢」を手に入れて、素敵な毎日を送りましょう!