OWLS-Studio by ”FreeStyle”

ブログ/美容/カメラ/ガジェット/web

ダイエットに効果的!プチ断食の効果は?方法は?

今回は、様々な良い効果を得られるという「プチ断食」について紹介します。

「プチ」ですから、簡単に始められる断食です。

プチ断食の効果

空っぽのお皿

断食をすると、ダイエットに効くことは何となくわかりますね。
実は、その他にも様々な効果があるのです。

食事を消化吸収するためには、膨大なエネルギーが必要です。
1日3食しっかり食べた場合、消化吸収に必要なエネルギーは、フルマラソン1回分に相当するようです。
食べない時間を作ることにより、そのエネルギーを健康維持や病気を治すために利用できるのです。

胃や腸が元気になる

プチ断食で胃腸を少し休ませることによって、本来の働きを取り戻します。
その結果、消化能力、吸収力などを高めることができます。

便秘が解消される

胃腸本来の消化能力が低下していると、便通が悪くなってしまいます。
プチ断食をすることで、本来の消化能力を取り戻し、便通が良くなります。
また、デトックス効果も高まります。

美肌になる

腸の腐敗物や有毒ガスは、腸壁から吸収され、血液に溶け込み、全身を巡っていきます。
最終的に、肌に炎症や吹き出物が出来てしまいます。

プチ断食をすることで、腸の中の宿便や老廃物を排出し、腸内環境が整います。
腸内環境が整うと、自然と肌も綺麗になるのです。

痩せ体質になる

胃腸の消化能力が低下していると、消化不良を起こし、栄養が中性脂肪として蓄えられてしまいます。
しかし、プチ断食で胃腸を休ませることで消化能力、吸収力が高まります。
その結果、代謝や排泄力が高まり、痩せ体質になります。

集中力がアップする

プチ断食すると消化のために血液が使われないので、脳の血流が高い状態をキープでき、普段より脳が活性化するといえます。

また、「空腹」=「飢え」の状態は、「生命の危機」として判断されます。
「生命の危機」から避けようとするため、脳がフル回転するようです。

プチ断食のやり方

16時間何も食べない時間を作ります。
女性の場合は、12~14時間にしてもいいでしょう。

前日の夕食から16時間あける

例えば、夕食を午後7時に終えたら、16時間以上経過した午後12時に昼食を摂ります。

食べてもいい時間には、好きなものを食べて大丈夫です。
ただし、栄養の偏った食事ばかりにならないよう注意しましょう。

最初はきついと思いますが、1~2週間もすれば慣れるはずです。

まとめ

体を伸ばす綺麗な女性

食べる時間を管理するだけなので、他のダイエット方法に比べたらとても簡単ですね。

メリハリをつけて、頑張りましょう!